最も心地良い言葉

 遅まきながら、昨年11月度の「ビッグスマイルキャンペーン」結果が返ってきました。

 皆さん、それぞれ一生懸命取り組んで頂いていると思うのですが、お客様の声に聞くということは、称賛のみならず、シビアな結果をも丸抱えで受け入れざるを得ません。
 
 大洲駅前店の中伊さんが、松山の前職でお部屋を決めて頂いた、21歳の女性のアンケート結果です。
 
 「中伊さんには松山にいるときから色々とお世話になって、迷惑かけてばかりで、大洲でも迷惑をかけてばかりで・・・。
 お客様のことを一番に考え、動いてくれる中伊さんから、自分に合ったこの物件を紹介頂いて、本当に中伊さんには感謝しています。
 これからもお世話になりますが、よろしくお願い致します。」

 前職のお客様が、個人を頼ってリピートして頂くというのは、本当に有難いことです。
 さて、先述の文章を読んで気付く点はありませんか。

 そう、この短い文章の中に、「中伊さん」というフレーズが3回出てきます。
 時に、再来のお客様の口から担当者の名前が出てこないこともあるでしょう。

 「人にとって、最も心地良い言葉は、自分の名前である」

 この何気ないアンケートの一文から、中伊さんのお客様思いの姿勢が伝わってきます。
 名前でお呼びする心掛けと、名前で呼ばれるための真摯な対応は、信頼関係構築の第一歩かもしれません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR