人脈をつなぐ意志と行動

 人脈は財産です。
 この年末年始だけでも、友人・知人・お客様から沢山の情報提供を受けました。

・ 家内の従兄弟から、同僚の転勤に伴うお部屋探しの御用命を受けた
・ 前職の時代に物件管理をしていたオーナー様から問い合わせがあり、新たな物件を購入頂くことになった
・ そのオーナー様からは管理業務委託契約も頂けることになった
・ facebookで12名の共通の友人がいる方にメッセージを送ったら、快く物件を紹介させて頂くことになった
・ 家内の友人から、入居希望者を紹介された
・ 隣の住人から、入居希望者を紹介された
・ 父親と同郷のオーナー様から、管理業務委託契約を頂けることになった
・ 古くからの知人より、Uターンに伴う身内の入居希望者を紹介頂いた
・ この知人から、松山の分譲マンションの売却相談を受けた
 
 大街道や百貨店で道行く人に朝から晩まで声をかけたとして、一体どれほどの情報が集まるでしょう?
 けんもほろろに断られるか、無視して通り過ぎるか、奇異な目でジロジロ見られるか、そんなところです。
 
 多額のお金をかけて広告し、一日中現場で待ち受けして来場ゼロ・・・そんなことも珍しくありません。
 そう考えますと、何の営業も経費もかけていないのに、先方から気にして頂き、紹介やリピートが得られるのは実に有難い限りです。
 
 先述したのは松岡だけの話ですが、各店長もキャリアに伴い徐々に、個々の人脈からの紹介やリピートが増えてきました。
 
 また、一般の社員の方々も、人脈を増やすことの意義に気付き始めています。
 先日行われた異業種交流会には、二名の一般社員の方に参加頂きました。
 定休日の夜にも関わらず、自主的な申し出です。

 勿論、異業種交流会等の場は、営業の場ではありません。
 仮に営業的な色が強く押し出されると、逆に引かれてしまうでしょう。
 
 同じ営業でも、モノを売るのではなく、自分を売る心掛けが必要です。
 自分自身の主義主張や人間性を、相手にしっかりとアピールすることで、印象に残すのが第一歩。
 不動産を欲した時、教えて貰いたい時、アドバイスを請う時、一番に頭に浮かぶ存在となることが肝要です。

 人脈は、自らがつなぐ意志をもって、つなぐための行動をしなければ、決してつながりません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR