FC2ブログ

誇りある生き様

 年の瀬も押し迫るタイミングで、元NYヤンキース松井秀喜選手、引退の報が届きました。 
 以前、自著「不動心」を読んだ時から、野球選手としてだけでなく、一人の人間としてリスペクトしています。
 38歳ということで、「早過ぎる」「まだやれる」という声も少なくありません。 

 ワールドシリーズNVPに輝き、世界一の立役者となったにも関わらず、ヤンキースから放出されたのが三年前。
 その後の二年間は目立った活躍もなく三球団を渡り歩き、所属が定まらないままオフを迎えていただけに、去就に注目が集まっていました。

 私も含めて多くの人が、日本球界へのカムバックを期待していた筈です。
 引退会見では、この選択肢について言及しています。

 「10年前、巨人の4番打者として誇りと責任を持ってプレーしてきた。
 日本に戻ってプレーすれば、ファンは10年前の姿を見たいと期待されるでしょう。
 正直言って、その姿に戻れる自信を強く持てなかった。」

 松井選手らしい、男の美学を感じさせる言葉です。
 と同時に、今から32年前、同じ巨人軍の偉大な四番バッター王貞治氏の引退会見がオーバーラップします。
 
 王選手は齢(よわい)40歳のその年、全盛期には及ばないまでも30本塁打、84打点と、依然トップクラスの成績を残しました。
 会見の場で王さんは、引退の理由をこう述べます。

 「口幅ったい言い方をさせて頂くなら、王貞治としてのバッティングができなくなったということです。」

 松井秀喜も王貞治も格好良過ぎます。
 そして、どうせ一度切りの人生ならば自分の仕事に誇りを持ち、こう言い切れるだけの生き様としたいものです。
 
 今年最後の「今日の言葉」、ご愛読まことにありがとうございます。
 来年も宜しくお願い申し上げます。 良いお年を・・・。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR