FC2ブログ

足の重いお客様訪問

 師走ということで、各店長と手分けしてオーナー様訪問を行っています。
 常日頃、「お客様が大切だ」とか何とか口にしつつ、恥ずかしながら一年振りにお会いするオーナー様も居たりする訳です。

 「誠実さは言葉ではなく行動に表れる」
 はい、その通り、申し訳ありません。

 それでも、オーナー様は笑顔で応対頂きます。 
 自省と自戒と感謝の毎日です。
 そんな松岡が、自分のことを棚に上げ、いつも社員に話す言葉。

 「顔を合わせ難いお客様こそ、真っ先に会いにいきましょう」 

 ・ クレームで叱られたお客様
 ・ 空室が長く、なかなか斡旋できない物件のオーナー様
 ・ 話しが長くなることが予想される、年輩のお得意様・・・

 様々な理由で足が遠のき、電話もし難い、できればスルーしたい。
 或いは、前任の担当者との信頼関係が厚く、訪問してもウェルカムではない。
 そんなお客様がいらっしゃったとしたら、寧ろ優先的に行かなければなりません。

 過去の経験上、振り返りますれば、頻繁に紹介やリピートを頂くロイヤルカスタマーは、何のトラブルもなかった方より、大きなクレームを乗り越えて関係を修復し、信頼関係がより強固となったケースの方が多いようです。

 自分が南予に住んでいることもあり、南予方面のお客様のお歳暮持参について、店長から相談されることがあります。
 「この南予のお客様は、どうしましょうか?」

 「ついでなので、自分が持って行きます。」
 という台詞を期待してのことと、薄々気付いてはいますが、先述の原則に基づいて差し戻します。
 
 ここでのコミュニケーションを億劫がって飛ばしてしまいますと、次に届く電話は、ひょっとしたら突然の解約通知かもしれません。
 年末年始のこの機会、足の重い時こそ奮い立たせて、真っ先に会いにいきましょう。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

みかん

今日は、とあるオーナーさんが来店されました。書類に印鑑を押してもらうために・・・お話好きなのか、40分ほどおしゃべりしてお帰りに。その後、おしゃべりのお礼にみかんを持ってきてくださいました(^-^)

Re: みかん

 報酬を頂くお客様から、重ねて御礼を頂ける仕事は、実に素晴らしいものですね。
プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR