FC2ブログ

メモの重要性

 先日の研修の冒頭、メモを取ることの重要性を尋ねます。
 答えは、大きく二つ。

 敢えて答えを与えず、皆さんに考えて貰ったところ、総務の高本さんと松山北店の芳野さんから、それぞれ見事に正答が導かれました。

① 記憶の確認(忘れないため)
 かの「エビングハウスの忘却曲線」によれば、一時間後には5割、一日後には7割、一週間後には8割忘れるのが人間だと言います。

 お客様からのクレーム、友人との口論、上司と部下の不調和、家庭内での諍(いさか)い・・・世の中のトラブルの殆どは、「そんなことは言っていない」「いや確かに聞いた」という、言った言わないに起因するものです。

 前職の会社では、複写式の打ち合わせ事項を用いて、言葉の領収証としていました。
 メモは、記憶の引き出しです。

② 相手に対する礼儀
 しっかりと講師の顔を見て、頷きながら話を聞き、大切なポイントをメモする姿は、「自分の話をしっかり聞いてくれている」という誠実な印象を与えます。

 会議でよく見かけるのが、発言者には目もくれず、メモも取らず、不遜にも配られた資料を先読みする人。
 言葉で発せずとも、「自分には関係のないこと」という、傍観者の心の声が聞こえてきそうです。

 こうして噛み砕けば、メモひとつをとっても、深い学びがあります。
 思慮深く、気付きの高い人材を目指して頂きたいものです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR