FC2ブログ

希薄にならない気軽さ

 本格的にfacebookを始めて一年以上が経過します。
 改めて痛感するのが、「人は認めて貰いたい生きもの」なのだということ。
 
 書き込みに対して、「いいね」の集まりが悪いと、不安になったりします。
 コメントが書きこまれてくると、率直に嬉しく思います。
 一つの記事からレスがつながると、同志的な連帯が感じられます。

 内容とは無関係のコメントだと、少し寂しくなります。
 メッセージを添えた上でリクエストを送っても、なしのつぶてだとひどくへこみます。

 そう思うからこそ、親しくさせて頂いている方の記事やブログには、できるだけ真剣に目を通し、心を込めて「いいね」を押す様に心掛けているつもりです。

 風邪を引いて寝込んでいらっしゃるとか、怪我をされたとか、納得のいく結果が出せないとか、ネガティヴな内容であれば、「いいね」を押すことを躊躇し、代わりにエールの言葉を贈ります。
 今や、「いいね」が「good」や「nice」だけに留まらず、「読みました」という痕跡を残す意味合いとして認知されていたとしてもです。

 早朝真っ暗な誰もいないオフィスで徒然に書きこんでおりますと、すかさず「いいね」やコメントが返って来て、「こんな時間でも一人じゃない」という温もりに勇気付けられる場面も少なくありません。

 今286名の方とつながっていますが、これが1,000人、2,000人と増大していきますと、恐らくそうしたきめ細やかなフォローは難しくなる筈です。 
 人脈は財産とはいいながら、その価値は数だけでは計れないでしょう。

 ヴァーチャルが故、手軽なコミュニケーションツールとして普及したfacebook。
 人と人との心の交流が目的であるならば、気軽ではあっても希薄に成らない様にしたいものです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR