FC2ブログ

主役はあなた自身:後篇

 彼と同じ歳の専門学生が、続々と履歴書を送ってきます。
 連日の様に面接する中で、似たような質問をしてみるのです。

社長:「高校入学の際に、将来どんな仕事に就きたいというイメージはありましたか?」
学生:「いえ、ありませんでした。」
社長:「高校卒業後、専門学校に入学する際は?」
学生:「・・・いえ、特に定まっていません。」
社長:「では、今のお気持ちは?」
学生:「・・・実は、今もはっきりとしていません。」
社長:「それはあなた、道に迷って『私は何処へ行けば良いのでしょうか?』と尋ねるのも同じですよ。」
学生:「・・・。」

 気持ちは判ります。
 何をしたいかは判らなくとも、はっきりしているのは、働かなければならないということ。
 親の手前もあるし、世間体もあるし、フリーターという訳にはいかない。

 しかし、本当にそうでしょうか?
 
 例え正社員の座を射止めたとしても、方向性のまるで定まっていない人間よりも、ミュージシャンを夢見て、日中はアルバイトに励み、週末の夜はストリートライブに勤しむフリーターの方が、遥かに健全だと思います。
 
 企業の門を叩き、運命を分ける人生の岐路に立ちながら、何処に進むべきか判らない。
 日本の高等な教育は、こうした意志薄弱な、夢も主体性もない若者を、粗製乱造してきたのです。
 勿論、その教育者とは、文部科学省や教育委員会や学校の教師だけではありません。
 私も含む親が、A級先般の誹りを受けるべきです。

 就職を目指す皆さん。
 人生の主役はあなた自身です。
 既に幕は上がり、観客はあなたの台詞を、固唾を呑んで見守っています。  完
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR