FC2ブログ

徳の高い人

 台風17号は紀伊半島に上陸し、東日本を縦断する形で、各地に大きな被害をもたらしました。

 私達が住む四国・松山は直撃を免れ、事なきを得ています。
 安堵に胸を撫で下ろしたのは、私だけではないでしょう。

 しかし、例えば名古屋に親族が住んでいたならば、他人事では無くなります。
 それが、生き物の中で人間だけが持つ社会性です。

 仮に、天涯孤独に生まれ落ちた身の上であったとすれば、自分が生きることで精一杯。
 他人のことを心配する余裕も、必要もありません。

 成長に従って、親しい友達ができると、その友達のことも気にかかります。
 生涯の伴侶と巡り合い、結婚して家庭を持てば、配偶者を大切に思うのは当然です。
 やがて、子宝に恵まれると、自分の命を賭してでも、この子を守りたいと思う様になります。

 就職すれば、会社の仲間ができます。
 後輩が入れば、世話をやかないといけません。
 部下ができれば、自分を犠牲にしてでも面倒をみる必要があるでしょう。

 経営者の仲間入りをすれば、社員は勿論のこと、取引して頂けるビジネスパートナーやその社員の生活にまで影響が及ぶものです。
 業界団体の役でも引き受ければ、範と成る業績も然ることながら、ボランティア的な活動も求められます。

 会社が拡大して、複数の都市や複数の県に進出すれば、日本全体の天候も心配です。
 「台風が逸れた」と思っても、自社の支店に危険が及ぶ可能性もあります。

 更に成長発展し、上海やソウルやニューヨークに拠点を持つ会社であれば、尖閣の問題も、竹島の問題も、一方的に相手国を批判するだけでは済みません。
 原発や環境を考える人は、つまらないナショナリズムで一喜一憂しないでしょう。 
 
 私が → 我が家が → 我が社が → わが町が → わが県が → 我が国が → 我が星が

 少しでも広く大きな視野で物事を捉え、他人の痛みが分かち合える、徳の高い人を目指したいものです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR