FC2ブログ

坂村真民記念館

 先日のブログで、坂村真民さんについて触れたところ、敬愛する真鍋社長より「坂村真民記念館に行かないと」とコメントを頂き、その言葉に背中押され、繁忙期ではありましたが、息子が春休みの間にと、思い立ちました。
 偶然にも、同じ日に真鍋社長も行かれていた様です。

 砥部の中心地、古い蔵に囲まれる様にして、記念館は在ります。
 春爛漫というよりも、少し汗ばむほどの陽光に包まれたその建物は、違和感無く街並みに溶け込んでいました。
 床も壁も、白木の檜板が張り巡らされ、ゆっくりとした時が流れます。

 展示されている書籍や所縁(ゆかり)のある手紙を眺めておりますと、そこに真民さんがいらっしゃって、おもてなし頂いている様な錯覚に捉われました。
 贅沢を言えば、ゆっくりと庭を眺めながら、お茶やコーヒーを頂くコーナーが在れば最高です。 

 石工を務めていた20代の頃、砥部の御自宅に、99番目の歌碑「念ずれば花ひらく」を建てさせて頂きました。
 御自宅にも上げて頂き、少しお話もしましたが、優しさ温かさ溢れる柔和な表情は忘れられません。
 真民さんの歌碑は、四国はもとより、日本全国、世界各国に拡がっています。
 以下、パンフレットよりの抜粋です。

【「念ずれば花ひらく」で知られる詩人・坂村真民。
 森羅万象への深い愛と、人としての生き方を、
 時に優しく、時に厳しく うたった詩は、
 多くの人たちに愛されています。
 坂村真民記念館は、そんな詩人にふさわしく
 素朴で静澄な空気に満ちた場所。 
 静謐(せいひつ)な空間で、心ゆくまで珠玉の言葉を味わって下さい。】
  
 生前の真民さんは、毎早朝の未明混沌の世界で、山や川や草や木に向け、地に額をつけて世界の安寧を祈り続けられました。 
 毎夕18:00就寝、24:00起床・・・。
 流石に真似できません。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR