FC2ブログ

下山ルートの歩み方

 昨日は中学校の卒業式、うちの次男も無事卒業しました。
 4月からは、滝井店長の後を追って(?)大洲農高進学です。
 1820gと、誕生した時にはとても小さな命でしたが、健やかな成長を得られたことに心から感謝します。

 自分は彼の年齢で大工に弟子入りし、社会人デビューを果たしました。
 棟梁の家に住み込みで日当2,000円、今から34年も前の話です。

 「もし、貴方の若さをくれるならば、私の全財産を差し出しても惜しく無い。」

 東急の創業者である五島慶太氏や、パナソニックの創業者である松下幸之助氏等が、成功者と成り巨万の富を築いた後、異口同音に『若さ』の重要性を語っています。 
 
 卒業式の昨日、雄新中学校時代の同級生数名で集まりました。
 ブラックホール天文学の権威が、茨城から帰省してきたからです。
 彼がどういう人物であるかは、2010年9月7日、8日のバックナンバーをご確認下さい。

 卒業後、三十数年に渡って不定期に続くプチ同窓会も、縁をつなごうとする力がもたらすものです。
 もう既に人生の折り返し地点は越えました。
 島田紳助氏は、芸能界の引退会見でこう語っています。  
 
 「『山はてっぺんまで登ったら、ゆっくり上手く下りないといけない。それで初めて登山成功だ。下山できなかったらそれは遭難だぞ。』
 その武田鉄矢さんの言葉を胸に下山しようと思ったのですが、てっぺんの向こうが崖で転げ落ちてしまいました。
 それも僕らしいかなと思っています。」

 勿論自分は、てっぺんを極めた訳ではありません。
 遭難だけは、何度か経験しました。
 これから残りの人生は、頂きを睨みつつ、遭難せぬ様、地に足をつけて歩いていきます。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR