FC2ブログ

良い医師との出会い

 昨日は、女性社員と同行営業しました。
 オーナー訪問→業者訪問→管理物件物確→法人訪問とフルコースです。
 小さな会社ながら、四店に散らばる物理的な制約もあり、マンツーマンで話す機会は限られています。
 同行の車中は、その貴重な時間です。
 
 「真面目に一所懸命仕事をすることは大事だけれど、それだけでは10年後も今と同じ自分が居る。
 10年後、20年後、どういう女性に成りたいのか?というイメージを持つこと。
 次に、そのイメージに向けて、具体的に今何をやるべきかを考えること。
 そして、一歩を踏み出すこと。
 会社の中の価値観だけでは、人間性は磨かれない。
 多様な価値観に触れるために、対外的に人脈を拡げるべきじゃないか。
 例えば、『職場の教養』や早朝モーニングセミナーの、倫理法人会は前向きな人の集いだ。」

 アポ取りしていた某病院に到着しました。
 院長先生は、『念ずれば花ひらく』で有名な坂村真民氏の最後を看取った方です。
 人材開発担当役員として、社内だけでなく社外の方も交えた「リーダー養成スクール」の校長を務めていた時に、一生徒として入校されたのが御縁に成りました。

 「いやあ、あの研修は良かった。
 常務(と未だに呼ばれています)は、こんなこと(不動産会社の社長)している場合じゃないでしょう。
 すぐにでも、波乱万丈の生涯を本を書くべきです。
 それと、倫理法人会に入ってモーニングセミナーに登壇下さい。」 

 なんとまさかの、倫理法人会のススメ・・・ありがとうございます。
 お言葉を返すようですが、本もセミナーも、まだその時に至っておりません。
 地場としては、それなりに大きな会社の役員として知ったかぶりで語っていた愚者が一から起業し、その理想と現実、理屈と実務のギャップに直面することで、自戒と反骨を内に秘めております。
 坂村真民さんが生前、この医師のことを一篇の詩に残されました。
 
『 希望と自信 』
 きょうは別人のように
 希望と自信ができた
 良い医師に出会ったからである
 百歳まで生きる夢が
 湧いてきた
 ああ
 出会いの不思議よ
 ありがたさよ
 観世音菩薩さまの
 おかげである

 今日、同行した女性社員にお贈りします。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR