FC2ブログ

己を励ます過去の自分

 私は、初代「3年B組金八先生」世代であり、ファンの一人です。
 でも若かりし頃、武田鉄矢さん自体は好きではありませんでした。
 20代の頃、青年団のイベントで武田鉄矢さんを招致しようとして、失敗したことが一因にあります。
 後々考えてみますれば、招致しようとする動機も不純で、情熱も希薄。
 単に心を動かすだけの気概が足りなかったのだと、気恥ずかしく回顧しています。

 さて、先日TVを見ておりますと、武田鉄矢の名言が紹介されていました。
 久々に聞く金八節です。

 一般人とのトーク番組の中で、ある若者が言いました。
 「例え援助交際で得たお金であっても、お金はお金」・・・武田氏は反論します。

 「寂しい考え方だなあ・・・・もうちょっと根性を持とうよ。
 これからずっとまだ生きていくんだけどさ、自分を励ましてくれるのは過去の自分だけだよ。
 みんな援交(援助交際)やってたけど自分はやらなかった。
 これは、すごい自信になるんだよ。
 みんな銭ほしがってたけど、俺は銭よりも友情を選んだ。
 それだけだよ。
 俺はあんとき19歳だったけれど、しっかり行動した、っていうのを過去に持っておくとそれが、30歳になっても40歳になっても励ましてくれるのよ。
 一点だけ、自分の十代の中で、かっこいいことを一つやっておくと、かっこいい自分がずっと横にいてな、一生肩を叩いてくれるぜ。」

 素晴らしい。
 私的には、一人スタンディングオベーションです。

 かっこいいことは、悪いことに手を染めないだけではありません。
 お客様や友達や地域のために、一所懸命尽くした。
 誘惑や怠惰を振り払って、資格を取得した。
 苦しさや厳しさをバネにして、一人前の営業マンに成長した。
 
 人一倍の努力によって壁を乗り越えた経験のある人には、武田氏の言葉が胸に響くでしょう。
 人生において、本当の意味で自分を励ましてくれるのは、過去の自分だけです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

ジェネジャンですよね。私も観ました。
自分を一番知っているのは自分。
未来の自分が誇りを持てるよう、今を精一杯頑張ります

Re: No title

 私が見たのはジェネジャンのシーンを切り取ったバラエティだったと思います。
 Facebookにばかり気を取られて、本体へのコメントに気付くのが遅れて申し訳ありません。
プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR