FC2ブログ

相応しいしつらえ

 先日、あるお客様に土地を買って頂くべく、御案内しました。
 マンションまでお迎えに行き、満を持して目的地へ。
 資料も理論武装も準備万端で臨んだものの、結果はまったくの肩透かしでした。
 見た瞬間に「これは良い土地だ」と言われて、ものの10分で即決です。

 昼食を御馳走になった後、「時間良いか?」と聞かれます。
 当然ここは、YES以外の選択肢はありません。
 向かった先は、TOYOTA最高峰のブランド「レクサス」。

 車も然ることながら、ショールーム入口の自動ドア、床材、天井高、インテリア、カタログ、コーヒーカップ、そしてスプーン一本に至るまで、総てが選ばれし人に向けた豪華なつくりです。

 駐車する時、私の愛車が気の毒な位小さく見えて、気が引けます。
 「どうしてどうして、この中でもキミの燃費は一番じゃないか。」
 「例え車は傷だらけでも、免許証は14年間無キズだから・・・」
 そんな声にならない慰めと強がりと言い訳を心に秘めながら、でしゃばり過ぎない様について回ります。 
 結局このお客様は、数千万円の土地に続いて、700万円のISを即決される訳です。
 
【 心地よい風を感じながら走る予感。
 インテリジェントスポーツISの走りの資質はそのままに。
 オープンエアドライビングという、自由を手に入れた。
 クーペからオープンへ。
 変幻するふたつのスタイルを自在に操り、自由の翼を広げる。
 コンバーチブルが叶えた感動が、ここから動き出す。 】

 この車、ボタンを押すと屋根が後部のトランクに収納され、たった20秒でオープンカーへと変身します。
 「私共から御推奨はできないのですけれど、信号待ちの間にボタンを押せば、周囲の注目を集めることは間違いありません。」
 お薦めできないと前置きしながらも、明らかに「やって下さい」と聞こえます。

 この若い営業マンも、レクサスに見劣りしないルックスと笑顔と知識と話術を併せ持っていました。
 我々不動産を扱う者は、時にレクサスの数倍、数十倍の商品を買って頂くことがあります。
 であるならば、それに相応しいしつらえ(準備)が求められるに違いありません。
 清貧を美徳とすることを否定はしませんが、時に、一流のモノに触れることが必要だと実感した次第です。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR