FC2ブログ

理念と言動の一貫性

 またまた、レオパレス21の施工不良問題が噴出しました。
 今度は、消防法違反の疑いです。
 次々と問題が明るみに出て、沈静化の目途が立ちません。

 ことの発端は、界壁の不備でした。
 界壁とは、共同住宅など各住戸の間を区切る壁のことを言います。
界壁は、「防火」「遮音」について建築基準法等、関係法令の技術的基準に基づく性能を満たし、小屋裏・天井裏まで達するように設ける必要がありますが、それが無かった訳です。
 界壁が無ければ、当然遮音性が悪くなりますし、万が一火災が起きた場合には小屋裏伝いに延焼スピードが速まります。

 施工不良が露見した物件は、6月末時点で約1万9000棟。
 改修工事は進められているものの、完了したアパートは僅か839棟で、全体の4%程度に過ぎません。
 
 また今回新たに、267棟が消防法もしくは火災予防条例の基準に適合しない恐れがあると発表。
 更に約4,000棟の物件について、確認の必要があるとのことです。

 同社が全国に展開している物件は39,085棟。
 即ち、約半数の物件が、法的基準を満たしていません。 
 半世紀にも及ぶ会社の経営の殆どが、嘘とまやかしで塗りつぶされていた訳です。

 信用失墜を受け、建築受注は昨年の五分の一に激減。
 サブリース会社の生命線とも言える入居率は下降の一途。
 6月末の入居率は81.4%と、前年同期比10ポイント以上下げ、存亡の危機を迎えています。

 同社のホームページを見れば、立派な企業理念や倫理憲章が定められており、当然に法令順守を謳っています。
 本件を他山の石として、理念と言動の一貫性を見直したいものです。
 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR