FC2ブログ

刃を研ぎ学び修める

 我がグループの社員教育プログラムの柱である、「勝利の経営塾2019」が本日開講します。
 
 ジャックウェルチ著「WINNING 勝利の経営」を教本に、自分が経営者であったらどうマネジメントするか?をテーマに、一枚のワークシートを仕上げることを着地点としています。
 
 事前に提出頂いたワークシートは、大変重い宿題でした。
 各々時間をかけ、知恵を絞った労作ばかりです。

 若手とは思えない、鋭い現状認識に、感心させられるものも少なくありません。
 一方で、認識の浅い方や、事実を取り違えている方も散見されます。
 
 その差は何処から生まれるのでしょうか。
 一言で言えば、教育環境の差です。

 日頃から「WINNING」をバイブルとして、読書→感想文→会議での発表→フィードバックを積み上げてきた会社の社員は、総じてレベルの高い見識が見えます。
 一方、そうした学習がおざなりにされた社員は、問題の改善意識以前に、何が問題かすら気付きません。

 それはまるで、刃先の丸くなった鋸で、休みなくせわしなく木を切ろうとする、「勤勉なきこり」と同じ。
 研修とは、刃を「研」ぎ学び「修」める機会です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR