FC2ブログ

下克上のウェーブ

 我がグループの基幹研修と位置付けられる「勝利の経営塾」。
 今年も4~5月にかけ、四階層に分けて、一泊二日の研修が開催されます。
 今回のテーマは「ジュニアボード」です。

 ジュニアボードとは?
 若手・中堅クラスの社員が、企業経営の諸施策に関して具体的提言を行う“擬似役員会”のこと。
 柔軟で斬新な発想を取り入れて企業変革を促す。
 若手・中堅社員の経営中枢への参画意識を高める。
 意思決定の経験を通じて次世代リーダーの育成をはかる。
 等の目的で導入されるマネジメント手法。

 会社の中には、評論家が多く存在します。
 会社(上司・経営層)に対して不満を持つこと自体、決して悪いこととは思いません。
 ありたい姿と現状とのギャップが不満ですから、裏を返せば、その人なりに理想を掲げているからこそでしょう。

 しかし、その不満を、気の合う仲間と居酒屋で吹聴するだけなら、それは単なる悪口。
 また、アラを探し、ケチをつけるだけで、代替案を示せないのであれば、それは戯言。
 意見があるのなら、上司に率直にぶつける、もしくは会議等のオフィシャルな場で堂々と発言すべきです。

 そもそも、一般社員、管理職、役員、経営者は、各々立場が違います。
 立場が違うということは、視点も違います。
 一般社員なら、目先の微細な事象を捉えるだけで充分ですが、役職上位になればなるほど、長期的かつ網羅的な視点が求められるでしょう。

 今回の研修は、老いも若きも、役員も一般社員も、「自分が経営者ならどうマネジメントするか?」を考えます。
 いや、考えるだけではなく、計画を練り、実行し、結果につなげて貰いたいのです。
 
 素晴らしいアイディアと実行力を持った若手が次々と台頭し、経営者の皆さんが戦々恐々たる思いで奮い立つ。
 そうした、下克上のウェーブを起こせれば、一つの目的を果たせるものと考えています。 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR