FC2ブログ

一年の早さに感謝

 11月も今週で終わり。
 今年も残すところ、一ヶ月余りと成りました。
 つくづく、月日の経つのは早いものです。

 私の父親は、46の歳に結核を患い、十余年入退院を繰り返します。
 30年前の今頃、東温市見奈良の国立療養所に見舞に行った時、「もう12月。まったく一年は早い。」という話をしたところ、父からは意外な言葉が返ってきました。

 「それは、お前が元気で、毎日が充実しているからだ。
 入院していたら、一日、一月、一年が、とても長く感じる。」

 確かにその通りです。
 自分も過去に一度、尿路結石で入院したことがあります。
 その時は一日が長く、早く退院したいとばかり願っていました。
 一日千秋の想いとはこのことでしょう。

 健康だからこそ、幸せだからこそ、充実しているからこそ。
 時の経過を早く感じる時にこそ、無為に流されることなく、今に感謝したいものです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR