FC2ブログ

社長の仕事:下

 前回、各社の問題点の元凶は、経営計画の不備であることを説きました。
 中小企業の父と呼ばれた、故一倉定先生は、自著「経営心得」の中で、次の様に書いています。

 「経営計画の作成時間を節約するというほど、誤った時間の使用法はない。
 寧ろ、経営計画に時間をかけることこそ、最も有効な時間の使用法である。
 何故なら、経営計画に費やした時間の数千倍、数万倍の時間が、それ以降に節約できるからだ。
 その意味は、利益が増大する、ということである。
 仮に一年で利益が二倍になれば、一年間の時間を節約したことになる。 
 私がお手伝いした中には、利益が二十倍、三十倍となった会社は幾らでもある。」

 先月、某社内で不協和音が顕在化し、収拾のためにワークアウトを開催しました。
 その席で、ある社員が、こう発言しています。

 「経営計画の目標数値を、社長から押し付けられた。
 前年実績からすると、できる道理のない、無理な目標だ。」

 今期がスタートして、既に3ヶ月が経過するタイミングで、今更の話です。
 経営計画策定段階で、上司と部下がしっかりと協議し、納得目標としなければならないにも関わらず、誤ってその時間を節約してしまった、悪しき事例と言えるでしょう。

 また、別の幹部はこう言いました。
 「そもそも、ここで全社員が集まっている時間が勿体ない。
 役割と責任と目標が明確で、自分のやるべきことがはっきりしていれば、人の陰口を言う暇は無い筈。」

 正にその通り。
 経営計画の作成時間を節約するというほど、誤った時間の使用法はありません。    以上
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR