FC2ブログ

ゴーン・ショック

 日産・ルノー・三菱、世界第二位の自動車メーカーのトップに君臨する、カルロス・ゴーン氏が逮捕されるという、衝撃のニュースが駆け抜けました。

 いわずもがなゴーン氏は、瀕死の日産を、「リバイバルプラン」によって復活させた立役者です。
 不正燃費問題に揺れていた三菱自動車救済の英断も、ならではの采配でした。
 ゴーン氏が、卓越した経営者であることは、疑問の余地がありません。
 日産の顔であり、象徴でもあります。

 今回の顛末を見ても明らかな様に、会社と経営者は別人格です。
 内部告発によって不正は発覚し、ゴーン氏は自ら育て上げた会社から解任されます。 

 こうした事件の度に、考えさせられるのは「ミッション&バリュー」の重要性です。
 使命と行動規範は、会社の存在意義そのもの。

 過去にどれだけ功績があろうとも、その功績をもってペナルティは相殺されません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR