FC2ブログ

人生を謳歌するコツ

 私の信条は、「先憂後楽」です。

 コトバンクより
 『范仲淹「岳陽楼記」の「天下の憂えに先んじて憂え、天下の楽しみに後(おく)れて楽しむ」から》国家の安危については人より先に心配し、楽しむのは人より遅れて楽しむこと。志士や仁者など、りっぱな人の国家に対する心がけを述べた語。』

 この通り、正式な出典としては、公僕としての心構えを説いたもののようですが、、
 「楽しみは後回しにして、先ずは嫌なことなことから先に済ませる。」といった解釈が一般的なものかと思います。
 具体的に言うと・・・。

 ・ 食事で好物は最後に食べる
 ・ 苦手な仕事を先に済ませる
 ・ 厄介な問題を先送りしない

 そんな私とて、面倒なこと、厄介なこと、苦手なことは、できれば直視したくないものです。
 極力、避けて通りたいし、逃げ出したいことも多々あります。
 
 逃げて逃げ果(おお)せるならば、その選択も良いでしょう。
 しかし、問題を先送りした場合、先送りした時間に比例して、問題の厄介度合いは増幅します。

 クレームが起きた際、今日対処すればボヤで消し止められる。
 明日に先送りしたら火事になり、来週に先送りしたら全焼し、来月に先送りすれば隣近所にまで延焼します。

 何より、心や頭の片隅に、問題の火種を抱えたままだと、憂鬱のあまり、とても日常を楽しめません。
 人生を謳歌するコツは、憂いを取り去ることです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR