FC2ブログ

ネーミングの重要性

 TV番組「激レアさんを連れてきた」に、「お値段以上」で御馴染み、「ニトリホールディングス」の似鳥会長が出演されていました。
 
 キャッチ-な自主製作CMが話題になったり、融資申込の際ハッタリを効かせたり。
 日本初のエアドーム店舗が開店当日、雪の重みでつぶれてしまうと、その逆境を逆手にとって、「傷物・ハンパものセール」として大成功させたり・・・。
 奇想天外な発想力で今日を築いてきたことは、日経新聞の「私の履歴書」でも書かれていました。
 
 さて、最も共感したのが、店舗のネーミングです。
 1967年にオープンした1号店の名前は、
 「似鳥家具卸センター北支店」
 
 この店名には三つのキーワードが秘められています。
① 「卸」という一文字で、「卸売り価格」=「安さ」を連想させる
② 「センター」という言葉で、規模の大きさを訴える(実際の売り場面積は僅か30坪)
③ 「北支店」と謳うことで、大会社をイメージさせる(実際にはここ一店で本店は無い)

 以前、管理巡回の車に「151号」と表記したことがあります。
 車両は一台目。
 平成15年の1号車という意味なので、翌年二台目を下ろせば「161号」と成ります。

 そうした小手先の技法はともかく、そもそもFC加盟する狙いの一つは、信用の補完です。
 「松岡不動産」よりも、「エイブルネットワーク松山南店」の方が、明らかに規模的な優位性を訴えることができます。

 時に勘違いしたお客様から言われます。
 「大阪にも店舗があるんですね」
 「東京で看板を見ましたよ」

 直営なのかFCなのか、判別がついていないからでしょう。
 詐欺でも嘘でもなく、お客様が良い方向に取り違えられるのであればウェルカムです。
 そしていつの日か、そうしたイメージに実態が追い付くことを願っています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR