FC2ブログ

究極の神疑問

 TVのバラエティー番組の神疑問は、なかなか興味深い内容でした。
 果たしてどちらが強いか。

 「守るものがある人」
 「失うものがない人」
 
 人間が、自分のために頑張るのには限界がある。
 従って、守るべきものがある人の方が強い。

 いやいや、人間の強さは欲望を捨てた時に極まる。
 だからこそ、失うものがない人の方が強い。

 例えば、会社の中で理不尽な処遇を受けたとしましょう。
 家族持ちは、嫁子を養わなければならない呪縛によって、我慢、辛抱ができる強さがあります。
 
 一方、名も要らぬ、官位も要らぬ、金も要らぬ、命さえも要らぬ・・・。
 こうして全ての欲求を断ち切った人間でなければ、大業を成し遂げることはできないとも云われます。
 家族のためなら命を賭しても・・・と考える人もいます。

 よくよく考えれば、守るか否かは自己犠牲の話。
 失うか否かは自らの執着の話です。
 二つの選択肢は必ずしも相対するものではありません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR