FC2ブログ

生活総合支援企業

 1992年に産声を上げた弊社は、四半世紀の時を経て、愛媛、岡山、高知の三県に計15社、28拠点、従業員数231名の企業体と成りました。

 業態としては、祖業であるコンサルタント業を中核に、建設業、不動産業、保険事業、リース業、印刷業、人材派遣業と多岐に渡っております。
 また今期から、完全週休二日制の導入、企業主導型保育園の開設等、時代に即応した施策に取り組んでいるところです。

 さて現代は、働き方改革、労働力不足といったうねりの中、各企業は大きな変革を求められています。
 AIやロボットの活用といった先進技術の話題も、毎日の新聞やネットのニュースに踊っています。

 そうした中で、百年先まで永続する企業体としての存在意義を考えた結果、敢えて人間臭い「生活総合支援企業」という言葉に辿り着きました。
 どんな時代に成ろうとも、地域に生き、住居に住まい、料理に舌鼓を打つ・・・人間の営みは決して絶えることがありません。
 
  『そこに集う人々が活き活きと働き、そこに関わる人々の笑顔を集める』
 各々がそうした会社であるならば、いかなる時代でも必要とされ続けるものと確信しています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いつもと違うような

私は2004年から2006年までJOWに在籍していたものです。
私はJOW在籍時は店舗ビル部門にいたため、松岡さんと直接お仕事をしてはおりませんが(森部長、藤村支店長の部下でした)、中途入社直後の松岡さんの研修を受けて、とても感銘を受けました。その節は大変お世話になりました。
私はJOWを退社後ゼネコンに拾われ、現在は現場を統括する現業事務部門に在籍し東京で暮らしております。
さて、私は本ブログを開設当初から拝見し、元気をもらったり、考えさせられたり、或いは部下の指導の参考にさせていただいたり、いつもとても楽しみにして拝見しております。
ところで、取るに足らないことかもしれませんが、2018年9月8日の文章は、松岡さんが書かれたものでは無いような気がしてなりません。文章を読んだ際にいつもと違うという違和感がありましたが、いかがでしょうか?
これからもブログを楽しみにしております。

Re: いつもと違うような

 栗林さんご無沙汰しております。
 懐かしい。
 ご指摘の文章は、間違いなく自分が書いたものですが、グループ代表の言葉としてパンフで紹介した文章を転載したので、やや違和感があったものと思います。
 変化に気付くとは流石です。
 同じDNAを持つ同志として、今後ともご愛読頂ければ幸いです。
プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR