僅差微差の積み重ね

 先日の拙文で、日本電産永守社長の、「経営は原単位」という教訓をupしました。
 
 「そこにあるコピー機、A4で1枚のコピー代はいくらかかる?」

 こう訊ねられて、即答できる経営者がどれだけいるでしょう。
 正直、自分も即答できない、愚鈍な経営者でした。
 
 経費削減というと、裏紙利用がポピュラーな手法ですが、用紙代は一枚0.5円程度に過ぎません。
 問題は、コピー機の保守料に当たるカウンター料です。
 先月我が社では、このカウンター料を一枚当たり、モノクロ▲0.9円、カラー▲3円下げて貰いました。
 見直し前に比較すると約▲30%です。
 
 「たった0.9円」。
 しかし、我々の仲介店舗では、月間数千枚を吐き出します。

 計算すると、一店舗当たり月間約▲1万円、年間▲12万円。
 四店舗だと、年間▲48万円もの経費削減に成ります。

 優良会社でも、経常利益率は10%。
 48万円利益を残そうと思えば、480万円もの売上が必要です。
 たかが0.9円、されど0.9円。

 僅差微差の積み重ねが、経営の勝敗を分けます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR