FC2ブログ

人生を切り拓く思考習慣

 日常、思考に費やされる顕在意識は、僅かに脳全体の3~7%。
 まさに氷山の一角に過ぎません。
 それ以外の93~97%にも及ぶ領域は、潜在意識として水面下に沈んだ状態です。

 この潜在意識を活用できれば、人の力は実力以上に発揮されます。
 例えば、寝入り端の数十分に暗記力が高まることを利用した睡眠学習などは、その典型です。
 眠っている間に知識が身につくのですから、今年宅建資格にチャレンジする人にとっては朗報でしょう。

 こうして人は、意識している時間だけでなく、無意識の時間にも、脳はフル回転で活動しています。
 数学の難しい問題に真っ向から取り組み、何時間も費やしたけれど解が得られない時、一旦思考を中断して風呂で寛(くつろ)いでいる時に、パッと閃(ひらめ)く・・・。
 こうした閃きは、誰しも経験したことがあります。
 身体は安んでいても、脳は休んでいない証明です。

 では潜在意識のスイッチは、どうやったら入るのでしょうか。 
 最も簡単なのは、自分自身の言葉でしょう。
 宅建試験に出てくるキーワードを、ブツブツ呟くことはとても有効です。
 更に、自分が参考書を読み録音して、車で移動する時にリピートさせれば、より鮮明にインプリントされます。

 潜在意識は偉大ですが、正邪善悪を判別しません。
 つまり、批判や弱音や愚痴といったネガティブなファクターをも受け入れ、引き継ぎ、猛烈な勢いで増幅します。
 
 職場も家庭も健全な、前向きな言葉で埋め尽くしましょう。
 例えネガティブな言葉が口をついたとしても、その後でポジティブな言葉を塗り被せればOKです。
 
 「今月は厳しいなぁ・・・しかし、最後まで諦めない!! 今日一件、必ず決めるぞ!!」
 「また失敗しちゃったよぉ・・・でも、この経験を絶対に活かして、次は頑張るぞ!!」
 言葉は言霊(ことだま)、人生を切り拓く、シンプルかつ効果的な思考習慣です。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR