FC2ブログ

1勝11敗で予算達成

 いつも申し上げている通り、年間計画に対する月次決算は12番勝負。
 相撲なら、7勝5敗で勝ち越しです。

 しかし、会社の決算は、必ずしも勝ち越す必要はありません。
 例え1勝11敗で大きく負け越しても、事業計画達成の可能性はあります。
 
 例えば、建築会社。
 年間予算が、売上1億円、原価8000万円、粗利2000万円、販管費1200万円、営業利益800万円だったとします。
 年初の段階で工期一年、請負金額一億円の大型物件を受注しました。
 仕事はこれ一本だけ。

 すると、1月から11月まで売上ゼロ。
 見るも無残な赤字の垂れ流し。

 ところが、最終月に先述の物件が竣工しますと、最後の1勝で帳尻があって事業計画達成となります。
 従って、この場合の11ヶ月間は全戦全敗ですが、見通しは決して危機的なものではありません。
 話しを単純化するため、資金繰りについては、敢えて棚に上げておきます。

 さて、我がグループの事業年度は8~7月。
 丁度今、折り返し地点です。
 工期の長い、大型請負物件については、リミットが近づいています。
 つまり、今期業績が概ね見通せる時期に成りました。

 楽観的な会社。
 悲観的な会社。
 
 状況こそ様々ですが、悲観的な会社については、今手を打たなければ手遅れになります。
 ご理解下さい。
 言葉が厳しくなる理由はここです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR