FC2ブログ

同胞に成り替わりできること

 TVやラジオや新聞等のマスコミ報道による、東日本大震災の被災状況と平穏な日常との大きなギャップに、心ざわつくのは誰しも同じでしょう。
 艱難辛苦(かんなんしんく)の渦中にある同胞に対し、「何かしてあげたい」という想いが募り、いてもたってもいられないという方は少なくありません。

 しかし、現段階では、ボランティアを受け入れる体制が整っておらず、個人からの救援物資の受け付けもできない程、被災現場は混乱を極めています。
 直接的な援助の方法としては、やはり義援金が一番でしょう。
 我が社でも、松山久米店太田店長の発案により、店舗カウンターに義援金の募金箱を設置することにしました。

 さて、「援助したい」という善意に水を差す気は更々ありませんが、東日本の危機を受け、西日本の全員がスコップを持って駆けつければ日本は潰(つぶ)れます。
 10兆円の経済損失と言われた阪神大震災を遥かに凌ぐ、未曾有(みぞう)の大災害の経済影響をできる限りヘッジするために、「我々が下支えするのだ」という気概が必要です。 

 会社が繁盛して儲かれば、その約半分の法人税を納めることになります。
 個人が活躍して、賞与や昇給を勝ち得れば、それだけ多くの所得税を源泉徴収されます。
 我々が、日常購入する物品は、消費税が課税されています。
 不動産を売買仲介すれば、譲渡所得や不動産取得に対して納税が成されます。

 直接的ではありませんが、それらの税金はどんなものよりも効果的に、間接的に災害復興に寄与することになるのです。
 今回の震災によって職場を失った方、家を失った方、命を失った方・・・。
 仕事をしたくてもできない多くの被災者に成り替わって、我々は今、目の前の仕事にがむしゃらに取り組むべきなのです。 
 

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR