怒りは明日への活力

 第一印象としては温厚に見える私ですが、実はかなり短気な性格です。
 勿論、年相応に丸くはなりましたが、未だ沸点は低い方だと思います。

 55年の人生を振り返ってみるにつけ、つくづく短気は損気。
 短気を起こした後に残るのは、後悔ばかりです。

 本来、徳を積むことが最善。
 悟りの境地に至れば、理不尽も不条理も矛盾も、全てを受け入れることができます。
 しかし、人間性は一朝一夕に高められるものではないでしょう。

 また、性格は直そうと思って直せるものではありません。
 腹を立てないようにしなさい、というのは無理な相談です。
 但し、性格は変えられなくても、行動は改められます。

 腹が立った、その後が問題。
 暴言を吐いたり、卓袱(ちゃぶ)台をひっくり返したりしたのでは、修復と後始末が大変です。
 一呼吸おいて、感情の昂(たかぶ)りを落ち着かせ、理性で制御します。

 怒りの原因の大半は、腹を立ててもしょうがないことですし、半分は自分に責任のあることだったりします。
 視野が狭いが故に、細部に拘(こだわ)ってしまうのですが、高所から俯瞰してみると景色は違って見えます。

 何より、怒りのエネルギーは、貯め込んで活かせる明日への活力。
 決して、無駄遣いすべきではありません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR