日本人の美徳

 先般、えひめ国体成年女子バレーボールの試合を観戦した時の話です。
 
 その日、お目当ての愛媛の試合は、第二試合の11:30〜。
 早めに行かないと駐車場・座席が確保できないだろう、と思い早めに出発して9:00到着。
 この判断は正解で、間もなく会場は超満員。 
 「立見厳禁」と書いてあるにも関わらず、観客の波は次々押し寄せ、文字通り立錐の余地も無い状況です。
 
 愛媛の試合中、周囲がざわつき始めました。
 そう、13:30〜の第三試合を真子様が観戦されるためです。
 一時間前から、係員が観客席を注意して回ります。

 「間もなく、真子様が来場されますので、着席のままお待ち下さい。」
 「真子様がいらっしゃっても、立ち上がって写真を撮る等の行為はお控え下さい。」

 愛媛の試合の終了直後、入場された真子様が、観覧席に着座されました。
 関係者やSPも続々と入ってきて、物々しい雰囲気に。
 自分は、他の方に席を譲るべく立ち上がろうとすると係員に制されます。
 
 「今は駄目です!」

 一旦、席に戻され、暫くしてから、
 「今なら大丈夫です!」
 という声を受け、何とか退場しました。

 その間、中に入れずに待たされている方が係員と揉み合う場面も。
 更に驚いたのは、国旗を持った市民の方々が、出口付近に群れを成していたこと。
 そう、この方々は、これから始まる試合の観戦後に退場される真子様の出待ちなのです。
 
 何処かの国の様に、君主のために、笑顔と歓喜の表情を強制されて集められた方ではありません。
 自国の文化と誇りに対して、無償の愛と感謝を表すことのできる、それが日本人の美徳です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR