組合思想の管理職

 会社に問題が無いことはありません。
 問題が無いとすれば、寧ろ無いことが問題。
 それは当事者の問題意識が無いことに起因するからです。

 問題は、解決できることと、解決できないことに分かれます。
 解決できるにしても、すぐできるものもあれば、時間のかかるものもあるでしょう。

 また、その問題には、難易度のレベルがあります
 ① 当事者間の話し合いで解決できるもの
 ② 上司の力を借りて部署内で解決すべきもの
 ③ 経営者を巻き込んで会社ぐるみで検討すべきもの
 ④ 資本家の力を借りなければ解決し得ないもの

 確かに、④レベルの大きな問題も有りはしますが、そう多くないと認識しています。
 それが頻発するようでは、対応仕切れません。 

 つまり、問題の殆どは、①〜③の現場で解決できます。
 問題の本質を探り、関係法規や原理原則に照らし、丸く収めるのも上司や経営者の役割です。
 
 自分の役割を見失い、弱者の味方とばかりに部下の側に立ち、上司や経営者や資本家と対峙したのでは、ある意味職務放棄。
 社員を守ることと、社員に同化することは違います。
 組合思想の管理職ほど、質(たち)の悪い人種はありません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR