二の次に芽生える心

 日本列島を縦断し、各地に被害をもたらした台風一過、翌日は嘘のような晴天です。
 当初は、愛媛直撃も予想され、戦々恐々としていました。
 
 愛媛の場合、台風が四国山脈の北を通るか南を通るかで、その影響度合いは大きく違ってきます。
 幸い、最も南寄りのコースを辿ったことで、四国山脈に遮られ、惨禍は免れたようです。
 
 もっとも、この「幸い」という表現は、甚大な被害を受けた、宮崎や大分の方に向けては不謹慎かもしれません。
 つくづく人間というのは、身勝手なものです。

 まずは自らの安全。
 次に家族、親戚、社員・・・。
 身内の安全が確認できれば、友人、知人、そしてお客様。

 台風一過後の祭日は休日出社し、コールセンターからの連絡に目を通し、社内に被害状況確認のメールを送信しました。
 SNSを確認しますと、大分や今治といった地域の、氾濫する河川の画像がupされています。
 それを見ても、まずは己の災いで無いことに安堵し、二の次に他者を心配する心が芽生えるのです。
 
 邪(よこしま)に思えるかもしれませんが、それは当然。
 自らが災いの渦中にありながら、他者を思いやれる人は極めて稀でしょう。
 二の次に芽生える心こそが、人として肝要なのです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR