FC2ブログ

全社員営業のススメ

 我々は、旧態依然とした接待漬けの営業を是とはしません。
 しかし、紹介によって成果が上がった場合には、社会通念上の良識の範囲内で、しかるべき御礼をすべきでしょう。
 公正な運用と、エスカレートさせないための抑止力を狙いとして、規定を定めました。

 この規定は、外部からの紹介だけに限りません。
 社員であっても、系列会社のグループ社員であっても、報酬を手にすることができます。
 「社員が、その本業で報酬を貰うのはおかしい」という意見もあるでしょう。
 しかし、エイブルの主たる業務は賃貸管理・仲介であるため、売買や建築紹介に対する姿勢は受け身になりがちです。
 忙しさや困難さを承知の上で積極的に引き受けた上での成果なら、上乗せ分としてある程度還元されても良いと考えます。 

 系列の不動産会社があればそこで家を探し、系列の飲食店があればそこで飲み食いし、系列の印刷会社があればそこでコピーする・・・「こんなことは当然だ」という声も少なくありません。
 ただこれも、個々人の考え方によって様々です。
 我々の力足らずもあり、社内需要を100%拾えているかというと違います。

 私が、かつて居た会社も、多くのグループ会社や事業を抱えていました。
 建築、不動産、分譲マンション管理、広告代理店、設計事務所、温浴施設、ヨガ教室、ショッピングモール・・・。
 650名社員の総力を結集せんと呼び掛けた、全社員営業の声掛けも虚しく2年前、破綻に至るのです。
 結果、本丸の親会社は民事再生法申請、グループ各社は破産もしくは身売り、社員の8割は解雇もしくは退職を余儀なくされました。

 企業と社員は、とかく労使対立の構図で見られがちです。
 現実には、会社が沈めば社員も沈み、会社が儲かれば賞与が増え、昇給も実現します。
 グループ企業も同様に、すべての会社が潤えば、成長も発展も還元も意のままです。
 A社だけが良くても、B社C社D社の業績が振るわなければ、還元する原資が食い潰(つぶ)されてしまいます。
 
 更に噛み砕けば、あなたの子供が成人してコンビニを出したとして、わざわざ他所の店にお金を落とすでしょうか?
 多少、遠くても、駐車場が停め難くても、そこで買う筈ですし、知人には口コミの紹介をするに違いありません。

 紹介料は、鼻先にぶら下げる人参とは違います。
 グループのためにと思って動いてくれた愛社精神に対する、せめてもの感謝の気持ちの表れです。
 1億円の売買物件の情報を得て成約できた場合、仲介手数料は300万円、その5%は15万円。
 決して小さい金額ではありませんが、遠慮は無用です。
 あの社員も、この社員も、と紹介料がばら撒かれる状況であれば、会社も笑いが止まりません。
 
 営業で一番難しいのは、情報を拾ってくることです。
 非営業社員の方であっても、人脈から情報を振るまではできます。
 「One for all. All for one.」~ 一人は皆のために 皆は一人のために ~
 全社員、情報のアンテナを拡げて頂き、自らの会社を自らの力で盛り立てていきましょう。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR