逃げ道のドア

 人間は弱いものです。
 仕事は厳しいものです。
 
 だから誰しも、一生の内、一度や二度は、「会社を辞めよう」と考えます。
 そして、実際に辞める人もいれば、思い直す人もいます。

 人生も、仕事も、ハードル走の様なものです。
 一つのハードルを乗り越えれば、更に高い次のハードルが現れます。
 それを越えれば、また次のハードル・・・この繰り返しです。
 その都度、ストレスやプレッシャーが襲い掛かります。

 それでも勇気を振り絞り、正面から挑んでクリアしますと、以降そのハードルは障害とも思えなくなります。
 地力と自信が身に付き、心身が強く鍛えられるからです。
 
 怯(ひる)んで、逃げてしまうとそれまで。
 一時的には、ストレスやプレッシャーからは解放されて楽になりますが、何処へ逃げても、いつかどこかで、そのハードルは再び目の前に立ちはだかります。
 
 しかも、一旦、逃げる術(すべ)を憶えた人間は、逃げ癖がつきます。
 逃げ道へと続く、ドアの在(あ)りかを知ってしまうからです。
 
 ドアを開くことが、自らの将来の可能性を狭めるリスクとなることだけは、忘れてはなりません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR