初心忘れるべからず

 某同業者の方から、売買に伴う管理物件のご紹介を受けました。
 しかし、その仲介業者様は、何度か電話でやり取りをした程度のお付き合いに過ぎません。
 管轄の店長を連れ立って、御挨拶に伺った際、「どうして弊社をご紹介頂けたのか?」をお訊ねしたところ・・・。

 「いや、現行の管理会社の条件が高額で、そのまま任せるのは如何なものかと・・・。
 ところが、周囲を見渡してみると、目立つのは大手の会社ばかり。
 御社は、まだ創業して時間も経っていない。
 後発の会社であるが故に、誠意ある対応が期待できると思った。」

 一般的に、歴史や伝統に裏打ちされた大手の方が信頼できる・・・と考える方が支配的です。
 そこを、逆転の発想で紹介頂けるのですから、何が幸いとなるか判りません。

 裏を返せば、「初心忘れるべからず」です。
 創業当時は、会社名の「NYホーム」も、ブランド名の「エイブル」も、全く認知されていませんでした。
 「ニューヨークホーム」と言われたり、「エミフル」と間違えられたり。
 
 9年間の活動の結果として、ある程度知名度も上がってきたと思います。
 反面、その上に胡坐(あぐら)をかき、努力を怠れば、知名度の分だけ悪評も拡散します。
 信用を積み上げるのは時間がかかりますが、失うのは一瞬。
 
 プラスからの紹介は理想として、今回の様に、マイナスでないことによって得る機会は稀少かつ貴重。
 期待に応え、プラスマイナス0を、プラスの信用へと昇華させなければなりません。
 縁をつなぐのも、途絶えさせるのも、その心がけと行動次第です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR