怒りと赦しのスイッチ

 人間は、歳を重ねる程に丸くなると言われます。
 振り返れば、生来短気だった自分も、近年随分と穏やかに成りました。

 そもそも、人間は身勝手で我儘で自己中心的な生き物です。
 今流行りの言葉で言えば、自己ファーストでしょうか。

 物事の良し悪しはともかく、自分を中心とみれば、行く手を阻むものは全て邪悪。
 自らの主張に同調してくれない人は、全て敵です。
 
 「あいつは駄目だ!」
 「まったく判ってない!」

 憤(いきどお)りを抑えきれず、繰り返される他者批判。
 しかし、攻撃的かつ排他的な言動は、必ずブーメランと成って自分自身に跳ね返ってきます。
 
 この世に、完璧な人間は居ません。
 他人を責め、批判する人間も、いつかミスを犯し、迷惑をかけ、批判に晒される時が訪れます。
 歳と共に丸くなれるのは、躓(つまず)きを積み重ねる経験を通じ、人間の不完全さに気付くからこそです。

 他人を攻撃しようと思う時に、一呼吸呑み込んでから考える。
 「自分自身これまで、失敗したことはなかったか?」
 「今後、自分が失敗する可能性はないか?」
 「自からが、フォローすることはできなかったか?」
 「逆にこれまで、助けられたことは無かったか?」

 他責から自責に思考を転換することで、怒りは静まり、相手を赦(ゆる)す寛容な心が芽生えるでしょう。
 怒りは、心を閉塞し、病を誘引します。
 赦しは、心を開放し、健康を助長します。

 周囲の環境のせいではありません。
 心のスイッチが決めることです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR