わたあめ屋は儲かるか

 TVのバラエティ番組で、「原価率の低い食べ物」ベスト10が紹介されていました。
 ベスト5を列記します。

 ⑤ フライドポテト 20%
 ④ 宅配ピザ 15%
 ③ ベビーカステラ 14%
 ② かき氷 12%
 ① わたあめ 3%

 ⑤は、ハンバーガーと販売されることが多く、セットのお得感を演出するため、単品は割高な設定になっている。
 ④は、宅配するための人件費の割合が高いため、原価の占める割合は低い。
 上位三品は、祭りの出店で取り扱われることから、そもそも価格設定が高い。

 なかなか面白いマーケティングです。
 よくよく考えれば、主原材料は「芋」、「粉」、「粉」、「氷」、「砂糖」・・・そりゃ儲かりましょう(笑)

 少し掘り下げますと、売値から原価を引いたものが粗利。
 「わたあめ」の粗利は実に97%。
 300円の内、原価が9円、291円が粗利です。

 仮に50個売れれば14,550円。
 そこから、地代家賃、人件費、水道光熱費、機械の減価償却費等を差し引けば、営業利益(本業の儲け)と成ります。

 全国各地の祭りを行脚し、月の半分15日ほど稼働するとして・・・。
 皆さんは、良い商売だと思われますか?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR