一日一生

 葬儀に参列する度に、思い返す話です。
 過去、拙文でも何度も取り上げてきました。

 『 人は皆、生れた瞬間から、不治の病にかかっています。
 その病名は「生」。 
 当たり前ながら、命が有限である以上、生きる人には例外なく死が訪れるのです。
 ワタミの渡邉美樹社長は、人間の命について次の様に語っています。

 「人生80年と考えれば29,200日。
 人間の命は、29,200枚のコインが、一日一枚ずつ下に落ちていく砂時計の様なもの。
 すべてのコインが下に落ち切った時が、天寿をまっとうするということ。
 但し一枚だけ、金のコインが混ざっていて、その一枚が落ちると、他のコインも一気に落ちてしまう。」
 
 阪神大震災で建物の下敷きに成って亡くなった人も、世界同時多発テロの犠牲となった人も、よもや明日が訪れないなどとは考えもしなかったでしょう。
 それがまさに、金のコインが落ちた瞬間です。

 誰も皆、毎日、金色のコインが落ちるリスクを内在しています。
 であるにも関わらず、命が永遠であるかの様に錯覚して、日々を生きているのです。』

 余命を宣告されること、死を覚悟することは、とても辛いことでしょう。
 反面、来るべき時に備え、準備する時間が与えられます。
  
 夜眠る時に死に、朝目が覚めた時に、新しい命が吹き込まれる・・・。
 一日一生の考え方で、毎日を真剣に生き切っていくことが、命を授かった者としての務めです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR