攻撃こそ最大の防御

 この格言の出所は、「孫子の兵法」です。
 「攻撃こそ最大の防御なり」

 正しくは、次の言葉。
 「勝つべからざるは守るなり、勝つべきは攻むるなり」
 
 つまり、守ろうとすれば勝てない、勝つには攻めるしかない。
 とはいえ、人間というものは、生来保守的にできており、変化を嫌います。
 長らく戦争から遠ざかっていると、平和ボケするのも仕方ありません。

 北朝鮮情勢が、極めて不穏です。
 絶え間なくミサイルを発射し、威嚇し続けています。

 北朝鮮が忌み嫌うのは、当然に韓国。
 その後ろ盾となる米国。
 そして、米国の同盟国である日本です。

 大陸間弾道ミサイルで、アメリカ本土を射程に収めている。
 9,000発のミサイルにより、ソウルは一日で火の海に成る。

 しかし、北朝鮮がアメリカや韓国を標的にするかというと、それは現実的ではありません。
 また、独裁者の無軌道振りが目に余る時、果たして本当に平壌を撃てるでしょうか。

 それは、三国がそれなりの軍事力を有し、いつでも反撃できる体制をとっていることで、抑止力が働くからです。
 寧ろ、日本であれば1〜2発ミサイルを撃ち込んでも反撃して来ないし、アメリカもそう簡単には加勢してきません。
 勝つべからずは守るなり、です。
 
 とまあ、政治や軍事の話はともかく、ビジネスにもこの格言は当てはまります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR