自らの付加価値

 前職の会社は、改善提案が活発でした。
 毎月、一人一つの改善提案を上げ、優秀な提案は表彰されます。

 ある時、総務から「名刺の内製化」という改善提案が上がりました。
 プリンターを購入し、社員の名刺を総務で印刷するという内容。
 これで一箱当たり2,000円程度の外注費削減に成る訳です。

 ところが、暫く運用した後、「名刺の外注化」という改善提案が上がります。
 理由はというと・・・。

 「印刷に従事する、総務部員の人件費を考慮すれば、外注以上のコストになってしまうから。」

 ウソのようなホントの話。
 ある意味どちらの考え方も正解ですが、ある意味どちらの考え方も間違いです。

 要は、総務の人員が大忙しで、名刺を内製化すると残業しないといけない、もしくはもう一人雇わないといけないのだとしたら、間違いなく外注の方が安くなります。
 一方、総務の方が暇を持て余しているとすれば、その空き時間に名刺を刷ったからといって人件費は増えません。

 賃貸仲介管理の社員が、半日かけて管理物件の草を引く行為も同様です。
 汗をかいて仕事をやった感は半端ないけれど、それが本来の貴方の仕事でしょうか?
 とはいえ、外注して経費をかけ、その時間に事務所で無駄口叩いているならば本末転倒です。

 プロ野球のピッチャーが打席に立ち、フルスイングした打球が外野の頭を超え、全力疾走してランニングホームランとなった。
 ところが次のイニング、疲労困憊して球のキレも無く、滅多打ちでノックアウトされてしまう。

 営業は営業として、総務は総務として、本来やるべき第一義の仕事があります。
 会社は、そのために雇用し、給料を払っている訳ですから、自らの付加価値を悟り、プロの仕事に徹して下さい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR