業績連動:前編

 前職の会社の賃金管理は、かなり明確でした。

1. 売上 - 原価 - 外注費 = 粗付加価値 (要は人材が生み出した価値)

2. 粗付加価値 × 35% = 人件費総額

3. 人件費総額 - 固定給 = 賞与原資

4. 賞与原資 ÷ 2(夏冬) = 半期賞与原資

 つまり、会社の業績が良く成れば成るほど、賞与原資が増える訳です。
 ここからは、各部門、各拠点、各人による賞与原資の争奪戦になります。

 横軸に等級、部長級の6等級から、新入社員の1等級まで。
 縦軸に評価、卓越した実績のSクラスから、ABC、辞めたらレベルのDまで。
 それぞれのポイントを決めた、縦横マトリクスの表があります。
 
 例えば〇さんは、6等級のSクラスだから600P (240万円)
 例えば△さんは、4等級のBクラスだから200P ( 80万円)
 例えば◇さんは、2等級のDクラスだから 40P ( 16万円)

 全社の管理職が集まる評価会の場で、数百名社員全員の評価を一人ずつ決定します。
 朝一から始めて、夜中の10時過ぎまでかかることもありました。

5. 各々の獲得点を合計 = 総点数

6. 半期評価額 ÷ 総点数 = 1点単価

7. 個々人獲得点数 × 1点単価 = 賞与額  

 リアルに最も高かった一点単価は4,000円。
 この場合、支給は上記の()内のように、メリハリの効いた金額になります。

 会社が利益を上げれば一点単価が上がり、部門や拠点や個人の業績を上げれば獲得ポイント数が多い。
 実に明快な、上手いやり方に見えるでしょう。
 ところが、実はこの制度には大きな落とし穴があったのです。     つづく      
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR