三つの判らない

 何度も触れている通り、7月は期末。
 最後の追い込みの月です。

 と同時に、組織改編した会社や、新規グループ入りした会社にとってみますと、事業計画策定の月でもあります。
 ある方から、こう言われました。

 「追い込みの月に計画提出を求めたら現場はたまらない。
 計画は来月でも良いのではないか?」

 「なるほど、そういう考え方もあるのか」・・・とは全く思いません。
 マラソンの号砲が鳴ってから、戦略や戦術を考えるのでしょうか?
 新しい期をスタートしてから計画を立てるなど愚の骨頂です。

 旅行に行く時には、事前に予算を組み、行き先を決め、予定を立てます。
 A港からフェリーに乗り、Bサービスエリアで食事をし、Cホテルにチェックイン・・・。
 行程は分刻みです。
 
 予算も、行き先も、交通手段も定まらないまま、行き当たりばったりで、取るものも取り合えず、着の身着のままで、出発する人は居ないでしょう。
 それは旅行ではなくて、徘徊か放浪です。 

 1. 今どこに居るのか判らない
 2. これから何処に行くのか判らない
 3. そこまでどうやって行くのかが判らない

  社員が路頭に迷う、「三つの判らない」を明確にするのが事業計画です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR