内は賢にして外は愚なり

 浄土真宗の宗祖「親鸞」の言葉です。

 『愚禿(ぐとく)が心(しん)は、内(ない)は愚にして外(げ)は賢(けん)なり』
 
 賢者の真の心を知るほどに、愚禿(※親鸞自身のこと)の心は露わになる。
 賢者は、内面に深い智慧(ちえ)を秘めつつも、決して飾らずあたかも愚者の如く振る舞う。
 愚禿は、内面は愚かで、さしたる中身も無いのに、いかにも賢い心があるかのように装う。

 この謙虚さ、気付きこそが、親鸞の素晴らしさでしょう。
 独自の寺院を持つ事はせず、各地に簡素な念仏道場を設けて教化した、親鸞の真骨頂です。

 自分はこれまで、縁と会社と人脈に恵まれ、多種多様な仕事を与えられてきました。
 それなりに上手くいったこともありますし、その何倍もの失敗もあります。
 失敗に学んだことも少なくありません。

 しかし、その中身は広く浅く、甚だ薄っぺらいものです。
 ところが、こうした拙文や、日頃のはったりによってか、何もかも知っているかの様に誤解されることがあります。
 さりとて、所詮中卒の劣等生。
 時にメッキは剥がれ落ち、信用を損なったりします。

 学び、勤しみ、徳を積み、内は賢にして外は愚なり、の人を目指したいものです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR