triple role(一人三役)

 現在の同僚のNさんと、前職時代の同僚のHさんは同級生。
 先日の集まりで、松岡の話題に成ったそうです。
 Nさんが「穏やかな人物」と評したところ、Hさんは「信じられない」と言ったとか。

 前職では営業統括の役員でした。
 毎月月初の定休日には、成績不振者を集めて「ゼロ積研修」を行います。
 自分なりの演出も手伝って、甘い営業マンをサディスティックに詰めるヘビーな内容です。
 直接のラインに居れば、松岡の別の顔を見ることもできますが、ライン外のHさんにとって、「鬼」のイメージしかなかったのでしょう。

 起業間もない頃は、前職時代のキャラを引き摺っていました。
 しかし今は、自分でも「丸くなった」ことを自覚しています。
 理由はというと・・・。

1. 過信があった
 当時、直轄する事業部が、飛ぶ鳥落とす勢いで急伸し、会社の稼ぎ頭となりました。
 勝てば官軍。
 数字は正直で、冷酷で、力を持ちます。
 数字に裏付けられた過信に近い自信が、強弁を後押しした訳です。

2. 歳を重ねた
 失敗と挫折を沢山経験することで、他人の痛みが判る様に成ります。
 他人を責める前に、己の至らなさや責任が頭を過ります。
 誰しも、歳と共に丸くなるものです。
 短気で不遜で横柄な自分も例外ではありません。 

3. 社長になった
 労働基準法抵触すれすれ、パワハラまがいに厳しく詰められたのも、常務だったからこそ。
 世の中の流れとして、許される時代であったとも言えるでしょう。
 現代において、会社のTOPが、同じ言葉を口にしたらおしまいです。

 現在自分は、NYホーム代表、宅建協会理事の一人二役。
 そして今般、もう一つの役を拝命しました。
 同じ人間でもきっと、立場によって演じ方は違います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR