劇団の舵取り:前編

 所属している劇団の、秋公演の題材を決定する脚本選考会が難航しています。
 今回エントリーしたのは、近作の殆どを手掛ける稲月P氏と私松岡、二名二作品です。
 
 作品公募の締め切りは、5月中旬でした。
 一ケ月の読み込みを経た、予定の6月16日には結論が導けず、一週間後に順延。
 迎えた6月23日、まずは松岡の作品がふるいにかけられました。

 代表からは、選考過程についての丁寧なメールを頂き、感謝しています。
 文中「良くない知らせ」という表現もありましたが、当の本人は至って冷静に受け止めています。
 謙遜でも卑屈でもなく、劇団が下したのは、至極まっとうな判断と言えるでしょう。
 以下は、締め切り直後の一ケ月前に、稲月Pと交わしたメールの一端です。

 『 いえいえ、(貴方の作品は)秀逸です。
 今までよりも、場面展開の説明が丁寧なので、容易に把握できました。
 観客がうけるポイントも、明確にイメージできます。
 巧みな構成、周到な伏線、ハイセンスな仕上がりは流石です。
 御世辞ではなく、審査員の立場であれば、確実に一票を投じるでしょう。

 演劇は総合芸術ですが、アマチュアの場合、脚本の良し悪しで8割決まります。
 劇団創設時には、殆どの本を自分が書き、その後TさんやNさんも・・・。
 しかし、中でも貴方の作品のクオリティは図抜けています。
 その分、演出的な要求も難易度が高いのですが、それをこなせるだけ演者の力量も上がってきました。
 
 かつて、愛媛新聞の地域欄に取り上げられた際、「いつかは劇団として芸能欄へ」という野心を口にしました。
 町興しではなく、劇団として認められたいという思いです。
 そして今、確実にその方向に進みつつあることを実感しています。 
 Y一郎的に云わせて貰えば、「稲月前と稲月後」の違いは鮮明です。
 
 今から20年前、役場のYさんから「結局、松岡劇団でしょう」と揶揄されました。
 決して嫌味ではなかったものの、かなり抵抗を感じたものです。
 劇団も会社も、ワンマンな運営は、限界とリスクを内在しています。
 仕事が忙しくなり5年目に代表を退きましたが、その後も新陳代謝を繰り返しながら20年以上継続してきた今、Yさんの言葉を完全否定できることが最大の誇りです。
 
 そうした状況を踏まえ、己の身の丈も自覚しつつ、それでも、脚本は書き続けたいと思っています。
 町長選も、脚本選考も、無投票当選は組織を腐らせますから(笑)』

 さて、松岡でないとすれば当然に稲月Pの作品で・・・と安直でないのがこの劇団の深いところ。
 代表から相談を受けため、次回(6月30日)会合で私見を語ることにした訳です。   つづく
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR