公益認定三基準

 我々の所属している「愛媛県宅地建物取引業協会」は、公益社団法人(以下 公社と云う)です。
 公益認定には、満たさなければならない三基準があります。

1. 公益比率
 すべての事業支出に対する、公益事業支出の比率。
 例えば、無料相談や不動産フェアや研修の実施は、公益事業。
 損害保険を斡旋して貰うバックマージンや、取引活性化のために運営する業者間サイトは、共益事業です。
 この公益の比率は、過半を維持しなければなりません。
 
2. 収支相償
 公益事業の内訳としては、すべからく収入よりも経費が上回る必要があります。
 平たく言えば、公益事業で儲けては駄目・・・という意味です。

3. 遊休財産保有制限
 具体的な使途の決まっていない財産を保有しては成らない、という定めです。
 基準として、一年分の公益事業目的支出額を上回ってはなりません。

 株式会社であれば、社会貢献活動は、ごく一部。
 経費を最小化して、利益を最大化するのが義務。
 将来のリスクに備え、利益を積み立て内部留保します。

 公社の場合、過半は公益事業をしなさい。
 しかも、その公益事業で、儲けてはならない。
 おまけに、内部留保もまかりならん。

 3.はともかくとして、1.と2.を両睨みで、バランスを取りつつ、全体収支を黒字化するのは至難の業でしょう。
 営業努力が認められない以上、基本的には、限られた収入の範囲内で支出を留めるしかありません。
 
 企業であれば、新規事業に対する先行投資は、健全なる赤字部門という位置付けです。
 公社においてこれに取り組もうとするには、かなり無理があります、

 拡販して収益を上げれば、公益比率を圧迫する。
 不振によって赤字になれば、公益事業の収益によって補填せざるを得ない。
 すると、収支相償がネックになる・・・。

 業者間サイト「坊ちゃん」を、公社から分離せざるを得ない理由は、ここでも明らかだったのです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR