パレートの法則

 イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートは提唱しました。
 「経済において、全体の数値の大部分は、全体を構成する内の一部の要素が生み出している」
 その比率は8:2。
 具体例は以下の通りです。

『ビジネスにおいて、売上の8割は全顧客の2割が生み出している。』
 よって売上を伸ばすには、顧客全員を対象としたサービスを行うよりも、2割の顧客に的を絞ったサービスを行う方が効率的である。
 「ポイントカード」や「感謝の集い」といった、ロイヤルカスタマーに対する取り組みがそれ。
 一方で、バーゲンセール等の格安品だけを目当てにする顧客は、甘い実だけを摘み取っていく「チェリーピッカー」と呼ばれます。

『商品の売上の8割は、全商品銘柄のうちの2割で生み出している。』
 例えば、赤城乳業の「ガリガリ君」や吉野家の牛丼は、企業の代名詞に成る程に高い商品力を誇っています。
 
『売上の8割は、全従業員のうちの2割で生み出している。』
 一概に言えませんが、そういう会社もあるでしょう。
 賃貸仲介管理をメインとする我が社の場合は当てはまりません。

『仕事の成果の8割は、費やした時間全体のうちの2割の時間で生み出している。』
 営業職であれば、きっとその通りです。
 
 さて、このパレートの法則から学ぶべきところは、まず「選択と集中」。
 取捨選択をして、より効果的な部分に注力すれば、売り上げも利益も拡大します。

 しかし、選択と集中を進め過ぎると、逆に高まるリスクを忘れては成りません。
 一人のロイヤルカスタマー、一品の高収益商品、一人のスーパー営業マンに依存し過ぎると、それを失った時に企業が存続できないからです。
 
 短期の収益を最大化するために選択と集中を進めることは、農作物の収穫作業。
 新規開拓や研究開発を推し進め、将来のための新たな種を蒔く取り組みを怠ってはいけないと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR