非同期通信

 堀江貴文氏の主張、「電話してくる人とは仕事をするな」は、堀江節全開です。
 誤解を生む表現ではあるものの、長文引用します。

【 「自分の時間」を奪う最たるもの。
 それは「電話」だ。
 僕は「電話に出ないキャラ」を確立している。
 電話で話す必然性のない用事なのに、やたらと気軽に人の電話を鳴らす者がいるが、僕は絶対に応答しない。
 相手がどんなに偉い人であろうが、僕は「電話に出ないキャラ」になると決めている。
 電話は多動力をジャマする最悪のツールであり、百害あって一利ない。
 仕事をしているときに電話を鳴らされると、そのせいで仕事は強制的に中断され、リズムが崩れてしまう。
  - 中略 -
 スケジュールの調整やちょっとした打ち合わせや連絡なんて、面と向かったミーティングや電話という同期通信でやる必要はない。
 メールやLINE、メッセンジャーを使った非同期通信で十分だ。
  - 中略 -
 1日の中には、細かいすき間時間がたくさん発生する。
 そのすき間時間を利用し、非同期通信によって仕事を効率的に進めていくのだ。
  前時代の感覚にとらわれている人は、コミュニケーションというのは、お互い同時間に行う同期通信でなければ意図が伝わらないと盲信している。
 そういう人が僕の電話を平気で鳴らし、人の仕事をジャマするのだ。
 驚くべきことに、メールやファクスを送ったあとに「今メールを送りましたから」「今ファクスしましたから」と電話を鳴らしてくるバカもいる。
 こういうバカは、飛脚が走って手紙を届けていた江戸時代からメンタリティが変わっていない。
 悪気なく電話を鳴らしてくる時点で、僕はそんな人とは一緒に仕事をしたくない。
 電話でしかやりとりできないような人は、僕の時間を無駄に奪う害悪だ。
 
 インターネットの大きな功績は、非同期通信を手軽にしたことである。
 非同期通信が手軽になったおかげで、人がどれだけすき間時間を活用できるようになったか。
 地球の裏側にいる人と仕事をするときにも、時差なんて気にする必要さえなくなったではないか。

 誰もが自分の都合のいい時間に情報にアクセスできる。
 上司に連絡や報告を入れるときに、メールやLINEを使うと怒る人がいるという。
 「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)は直接電話しろ。だいいち無礼だ」としかりつける上司や仕事相手とは、付き合うのをやめるか、何度言われても、しぶとくメールやLINEでホウレンソウをすればいい。  】

 自分も基本的には、堀江氏の意見に賛成です。
 但し、ここまで徹底するには、ある程度の能力が備わっていることが条件に成ります。
 常にメールを見る習慣と環境、適宜適切に返信する能力、情報を取捨選択する判断力も必要でしょう。

 一つの課題について、解決策を導くためには、ミーティングも必要です。
 「特捜部の強制捜査」といった緊急性のある情報を社長に伝える手段は、当然にメールではありません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR