最大のリスク

 一般的に「リスク」はネガティヴ言葉です。
 普段は、危険性や損失といった意味合いで使われます。
 この「リスク」を和訳すると、「投資に対する将来のリターンの不確実性」。

 会社において、善か悪かと言われれば、「リスク」は圧倒的に悪者です。
 概ね、遠ざけたい、取りたくないのが本音でしょう。

 リスクは避けては通れません。
 何故ならリスクは、投資と背中合わせだから。
 何より、経営自体が投資でありリスクそのものです。

 オフィスを構え、登記し、看板を付け、電気を引き込み、コピーを設置し、人を雇い・・・。
 商品やサービスの違いこそあれ、投資をすることで一儲けよしようと目論むのは共通です。

 社内で、新しい何かを始めようとする時、必ず反対する意見が出ます。
 その反対の裏付けは、「リスク」です。
 
 しかし、いかなる場合も、リスクは避けられません。
 手元資金を預金すれば、銀行の破綻可能性がリスク。
 国債に投資すれば、国家のデフォルトがリスク。
 リスクを否定するならば、リターンをも否定することになります。

 会社は存在する限り、家賃や電気代や人件費が発生し続けており、誤解を恐れずに云えば、一路倒産に向けて邁進しています。
 リスク回避のために何もしないことこそが、最大のリスクです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR