民主主義と大衆迎合

 昨今、フィリピン、アメリカに代表される様に、「自国ファースト」を声高に叫ぶリーダーが次々と台頭。
 世間はこうした政治手法を、「ポピュリズム」(大衆迎合)と表します。
 
 先日のフランス大統領選においては、辛うじてその流れに歯止めがかかりました。
 まずもって、民主主義と大衆迎合は、似て非なるものです。

 船が難破し、20人の乗員が無人島に漂着。
 水と食糧は、3日分しかありません。
 
 人々は、「お腹がすいた」「のどが渇いた」と口々に訴えます。
 粗暴で屈強な船乗り達は、平常心を失い、今にも略奪しかねない勢いです。
 その時、一人の賢明なリーダーが、こう呼びかけました。

 「三日分の水と食料を小出しにして、一週間持たせよう。
 辛抱して待っていれば、きっと救助隊が駆けつけてくれる。」
 
 渋々リーダーの提案を受け入れたものの、男達は次なる要求を突き付けます。
 「この中に一人だけ、縁もゆかりもない異国民が混じっている。
 我々が辛抱してまで、あいつに水や食料を与えることはない。」

 貧すれば鈍する。
 厳しい状況下では、優しさや思いやりが薄まってしまうのも、人間の悲しい性(さが)です。
 再びリーダーは立ち上がりました。

 「この無人島では、自国民も異国民も無い。
 皆、平等に同じ人間だ。」 

 それこそが民主主義。
 選挙に勝利するため、世論に阿(おもね)るポピュリズムとは一線を画します。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR