自転車と五月病

 「五月病」とは何か、ウィキペディアで調べてみました。

【 五月病 】
 『新人社員や大学の新入生や社会人などに見られる、新しい環境に適応できないことに起因する精神的な症状の総称。
 医学的な診断名としては、「適応障害」あるいは「うつ病」と診断される。
 発症に至る例としては、今春に生活環境が大きく変化した者の中で、新しい生活や環境に適応できないまま、ゴールデンウィーク中に疲れが一気に噴き出す、長い休みの影響で学校や職場への行く気を削ぐ等、ゴールデンウィーク明け頃から理由不明確な体や心の不調に陥る。』

 はっきり申し上げて、仕事は楽しいことばかりではありません。
 お客様から理不尽な要求を受けたり、上司から頭ごなしに叱られたり、同僚との人間関係に悩んだり・・・。
 ストレス満載、難行苦行の連続です。

 知識も技術も人間性も、未熟な状況では、なかなか楽しいことに巡り合えません。
 嫌になることもあるでしょう。
 辞めたくなることもあるでしょう。
 でも、それが仕事というものであり、人生そのものです。

 「石の上にも三年」。
 歯を食いしばって三年も続けると、少し知識が深まり、技術が身に付きます。
 
 自転車の補助輪を外した、子供の頃を思い出して下さい。
 転ぶ、怪我する、怖い・・・。
 練習は、嫌で嫌でたまらなかった筈です。
 ところが乗れる様になると一転、楽しく、面白く、快適であることを知り、達成感を得ます。

 自転車も仕事も人生も同じ。
 途中で諦めたら、楽しさや面白さに気付くことはできません。  
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR